投資

VRBウォレットで仮想通貨投資をしたら日給50万円稼げてしまった

VRB仮装卯通過

こんにちは、圭太です。

今僕はVRBという仮想通貨の高配当ウォレットでの投資を行っています。

結論からいうと儲かりまくっています。笑

どのぐらいかというと、普通の人の月収を1日で稼いでいます。

と言っても、自己資金が多くないと稼げないんじゃないか?という意見も多いと思います。

しかし、僕は自己資金は少ししか投入していません。

少しの投資で大きな金額を稼いでいます。

その方法をを含めて現状の報告し、資産形成までの過程を公開していきます。

本日のトピックス
  • VRBウォレットとは?
  • 実際に稼いでいる金額を公開
  • 自己資金が少なくても稼げる具体的な方法とは
  • ウォレット系の投資で稼ぐ具体的な方法
  • 利確のタイミングについて

VRBウォレットとは?

VRBウォレットとは今流行りの仮想通貨の高配当ウォレットのことです。

仮想通貨の財布にお金を入れておくと利子が付き儲かるという仕組みです。

VRBウォレット概要

簡単にVRBウォレットの概要を説明していきます。

VRBウォレットとはコメリカ銀行が親会社に付いており、世界最大のデジタル銀行を目指しています。

つまり金融サービスをこれから展開していく形になります。

ここで今までのウォレットと多くき違うところは、この銀行がバックについているというところです。

これまでは大手銀行と提携をしているウォレットはなかったです。

ですので、この点でも資金力が豊富なため期待できる投資案件だと思っております。

実際に稼いでいる金額を公開

僕の1日の配当ですが50万円を超えてます。

これが仮想通貨高配当ウォレットの力です。

さらに言えば、VRBウォレットだからこの報酬が可能になっています。

というのも、他のウォレットでは配当率や独自トークンの上昇率が低いため稼ぎにくいです。

しかし、VRBウォレットは配当率とトークン上昇率が共に良いため1日50万円という配当が実現しています。

他のウォレットとの比較

少し他のウォレットと比較していきます。

というのも今巷では多くのいウォレット案件が存在しています。

僕自身もブロックエコトークンとSBlockは知り合いの社長から進められてやていましたが、やはり VRBに勝るものはなかったです。

ブロックエコトークンとVRBウォレットの比較

以前のブログを遡ってもらうとブロックエコを紹介しています。

VRBウォレットが始まる前はブロックエコトークンがウォレット案件では1番良かったです。

しかし、VEBウォレットが出てからは、VRBに配当とトークン上昇率の両方を負けているため僕は配当と元金をVRBウォレットに移動しました。

SBlockとVRBウォレットの比較

SBlockも知り合いの社長から紹介してもらい参加することになりました。

しかし、SBlockは日本の上の人がアフィリラインを無理矢理変化させたり少し疑問が残る方法を取っていました。

内容としては、トークン上昇率は素晴らしいものがあります。

VRBウォレットと同等もしくはそれ以上かもしれません。

しかし、配当率が断然VRBウォレットの方が良いです。

また、紹介報酬などの点においてもVRBウォレットの圧勝のように感じます。

ウォレット比較まとめ

具体的な数字は出していませんが、調べてもらえれば一目瞭然です。

僕は複数のウォレットを行いましたが、結果的にVRBウォレットに落ち着きました。

やはり何と言っても収益面が他のウォレットとは違いました。

簡単にしか説明していませんが、ウォレットの仕組み面などもVRBが精巧に作られており素晴らしく感じております。

ウォレット比較まとめ

ブロックエコトークンは1日1万円程度の収益です。

SBlockに関しては1日3000円程度です。

VRBは1日50万円です。

これでわかったことは案件選定で収益は大きく変化するということです。

稼げない案件で必死に頑張っても収益には繋がりにくく、稼げる案件に着手した瞬間に爆発しました。

僕は色々な案件を触って良かったと思っています。

そいの結果VRBの良さに気づけましたし、上手くいきました。

自己資金が少なくても稼ぐ具体的な方法とは

ここが1番重要になってきます。

そもそも資金が多い方はこのような案件に資金をぶち込めば大きなリターンを得ることができます。

しかし、資金が少ない時にどのように資金を増やせば良いのか?というところがとても重要になってきます。

今回僕がVRBウォレットに投入した自己資金は約10万円です。

この資金を元手に1日50万円の配当が出るまで仕組みを構築しました。

この方法を詳細に記載していきます。

実際に行なった方法

実際に行なった方法はシンプルですが戦略的に行いました。

仕組みの理解

まず第一にこの仕組みを理解することが重要です。

どのように収益を得ていくのか?

最終的にはどのようにしたいのか?

という収益の設計を行いました。

アカウントの複製

VRBウォレットの仕組み上アカウントは1人何個も作成可能ですので複数アカウントを作って自分で櫓を組みました。

自己資金を入れるラインと紹介者を出すラインとを明確に設定していきました。

そして配当を最大限に取れるよう自分の櫓に資金を配置しました。

ひたすら紹介を出しまくる

あとはひたすら紹介を出しまくっていきました。

それも戦略的に。

SNS、SEO、YouTubeSEO、既存のお客さん全てを動員しまくりました。

動員しまくった結果、ウォレット開始してまだ2ヶ月も経っていませんが200万ドル以上の資金を集めることに成功しました。

日本円で言えば、2億1000万円程度です。

これによって日給50万円オーバーで月収に換算すると、毎日配当の毎日複利運用なので1500万円を優に超えます。

勝因について

僕は全て戦略的に行いました。

案件の選定から自己資金の入れ方、櫓の組み方まで全てを計画しました。

まずは案件で勝ちました。

他のウォレットに参戦している人をかなりVRBに移行することに成功しました。

僕自身が他のウォレットをしておりVRBをやった瞬間に全て移行したので絶対他の人も移行したくなると確信していました。

ですので、既存のユーザーを囲い込んでいきました。

さらに新規でこれから始めたい方も取り込めたのでかなり大きな組織になりました。

案件の選定と戦略的拡大で勝利は掴めると確信しました。

ウォレット系投資案件で稼ぐ方法

上記でも話しましたが、自己資金が少ない場合は紹介報酬を狙うしかないです。

如何にして紹介を出すのか?ここが重要です。

しかし、ウォレット案件は資金を入れる側も稼ぎやすいのでお金が集まりやすいです。

撤退時期さえ誤らなければ資産は増やせます。

ですので、早期参入し紹介報酬を貰い自己資金を増やして早期撤退。

資金が増えたら別の案件にシフトしさらに資産を増やすという方法が1番合理的だと思います。

利確のタイミングについて

利確のタイミングは、2パターンです。

1つ目は、ご自身である程度の目安を持って利確を行なっていただく。

2つ目は、有力な情報源から情報収集を行い利確する。

このどちらかになります。

案件を薦める紹介者が撤退時期を言わないのはかなりおかしいです。

それは情報が無い。若しくは参入してもらっている間は紹介報酬が入るのでずっと入れておいて欲しいかのどちらかになります。

基本的に仮想通貨のHYIPや仮想通貨に限らずHYIP系の投資は遅かれ早かれ飛びます。

ですので、早期参戦早期撤退を心がけてください。

そうすることで普通の何倍の早さで資産形成が可能になります。

僕からの案件の場合、僕の撤退のタイミングはお知らせさせていただきます。

Add friend