物販・せどり

Amazonせどりで失敗した3つの理由!脱せどりで稼ぐ方法とは

せどり失敗画像

こんにちは、圭太です。

僕は本業でサラリーマンをしながら副業でAmazonせどりを行なっていました。

その時に始める前には想像もしていなかった失敗をしました。

軽く僕の実績を紹介します。

副業せどりで月商300万円達成

・せどり塾やコンサルを3つ経験

・現在脱せどり手法で手堅く月に30万円稼いでいる

・今でも稼げる裏技アイコス転売で楽して稼いでいる

と言う感じで、物販に関しては色々経験してきました。

またせどりの塾にも結構入ったのですが、正直微妙なものばかりでした。

ですが、最近物販が調子良いです。

それも良い物販コミュニティに入れたからです。

そんな経験を活かしてせどり塾やコンサルティング、コミュニティの見分け方もお伝えしていきます。

本日はせどりの思わぬ失敗とせどりからの脱却して副業でも稼げる方法について話していきます。

Amazonせどりの3つの失敗とは

せどり失敗画像

僕がせどりで失敗した原因は3つあります。

せどり失敗の3つの原因

・ライバルの存在を考慮できなかった

・情報発信者の情報を鵜呑みにしていた

・仕入れに時間がかかりすぎた

とてもシンプルですがこの3つです。

ライバルの存在

せどりで重要なことがライバルの存在です。

せどりモノレート画像

上記の画像がモノレートと呼ばれるツールです。

せどりを行う上でこのモノレートが読めなければ利益を生むことは不可能と言っても過言ではありません。

ここで注目していただきたいのが出品者数です。

3月24日を過ぎてから出品者数が25人から75人へ一気に増えています。

それに伴って価格は5000円弱から2500円以下になっています。

この短期間で一気に半値になっています。

これがせどりの恐ろしいところです。

仕入れをして5000円付近で売ろうと思った時には2500円になっており赤字になります。

僕がまずせどりで躓(つまず)いたのがこのライバルでした。

厳密にいうと仕入れできるまでにも時間がかかったので難しかったのですが、それは後でお話しさせていただきます。

情報発信者の情報に注意

上記の画像のモノレートユーザーという部分に注目していただきたいです。

このモノレートユーザーという数字はこの商品のモノレートを見ている人の数です。

注目すべき点は4月7日の少し前です。

一気に500人を超えている時があります。

これが情報発信者がこの商品は利益が出ますと流した瞬間です。

正しい知識を持っている人はこの商品はライバルが増加傾向にあり、それに伴い価格が下降傾向にあることがわかるので仕入れは回避します。

ですが、それがわからない人は仕入れてしまい損をしてしまいます。

これがせどりの情報発信者の情報に注意するべき点です。

情報発信者は1つの情報を何千人何万人に配信しています。

つまり同じ情報を見ている人は全員ライバルです。

この商品の場合、最悪の場合を想定すると500人がライバルになる可能性があります。

それに伴い、売れ行きは500分の1になります。

これが情報発信者の情報に注意するべき点になります。

仕入れに時間がかかり過ぎた

せどりには2つの仕入れスタイルがあります。

・店舗せどり(店舗に仕入れ)

・電脳せどり(ネットで仕入れ)

店舗せどり

僕の場合、最初は店舗せどりから始めました。

店舗せどりは実際に家電量販店やリサイクルショップ、ドンキホーテなどの店舗に行き、1商品1商品リサーチをしていきます。

慣れていけば新品の家電は廃盤だけ見れば良いとか分かってきて、利益商品が分かってくるのですが、まずそれまでに時間がかかります。

そして、そもそも利益の出る商品が店舗にない場合もあります。

せどりの場合、先にせどらーが店舗に行っていれば利益商品を買い漁られています。

その結果、そのせどらーが見落とした商品や利益が少ないので仕入れなかった商品ばかりをリサーチすることになります。

必死にリサーチして利益商品を見つけれないこともしばしばあります。

ここに僕はかなり消耗してしまいました。

それに加えて、店舗せどりは人目を気にしなければいけません。

というのも店員にせどりをしていることがバレると価格交渉に応じてもらえなくなります。

これは店舗せどりの終了を意味します。

店舗の店員さんとの関係性ができていれば関係ないのですが、そのような状態ではないことを前提として進めます。

家電量販店の仕入れは価格交渉ありきです。

価格交渉ができなければ仕入れは不可能と思ってください。

レジ落ちなどのしょうもないモノもありますがあんなものは気にしても無駄です。

店舗の商品価格の張り替え忘れなだけなので。

店舗仕入れは人目を気にしながらスマホを見て1日行うので肩は凝って目はシャバシャバになって足はパンパンになります。

これで仕入れができなければ最悪です。

仕入れができたとしても、その商品を車に積んで、自宅に持って帰り、自宅内に保管して出品作業を行います。

そしてAmazonへ発送。

かなりの重労働に僕は完全に消耗してしまいました。

一度せどりを経験されている人はわかると思いますが本当にしんどいです。

僕は毎日本業終わりに仕入れに行っていたのでボロボロもボロボロになりました。

電脳仕入れ

店舗せどりに消耗した僕は電脳せどりを行いました。

これはそこそこ上手く行ったのですが圧倒的な薄利多売になりました。

と言うのもネットでの仕入れは店舗よりもライバルが多いです。

それによって値崩れのスピードの著しかったです。

頑張ってリサーチして見つけた商品が一瞬で利益のない商品に変わっていきます。

本当に惨すぎます。

脱せどり思考の重要性

せどりを実際に行って、失敗はありましたが学びが多かったです。

せどりから学んだ今後意識するべきこと

・ライバルの存在(参入者)

・仕入れルートの確立(差別化)

この2つで物販に関しては大丈夫です。

ライバルの存在

やはりビジネスはライバルの存在は無視できません。

ですのでそのライバルとどのように戦っていくかです。

ライバルに関してですが2パターンあります。

・ライバルとの差別化

・そもそもライバルが参入できなところで勝負する

この2パターンです。

ライバルとの差別化

物販の場合、商品はライバルと同じです。

少し変化させるなら自社商品でオンリー1の商品を作ることです。

しかし、商品開発は資金も時間もかかります。

ですので、初心者向きではないです。

どちらかと言うと中級者から上級者向きです。

となると物販で差別化する方法は1つしかないです。

物販の差別化の方法

・付加価値をつける

これしかないです。

ブランドは全てこの戦略です。

ルイヴィトンは同じ皮使っていても高いです。

ですが圧倒的に売れます。

これの個人レベルをすれば良いです。

Amazonの場合、商品が早く届くという付加価値で利用する人が多いです。

これと同じようにネットショップでもポイントをつけることで割引や特典を付けるなどをして販売力を高めている人もいます。

このようにショップとしての付加価値を付けることで差別化が可能になります。

ライバルのいないところで勝負

これは仕入れルートの確立です。

ライバルがいないところ

・独自仕入れルートが必要な商品

物販は仕入れルートが確立できれば超強いです。

そもそもせどりの失敗原因

誰でも仕入れできるところで仕入れを行うこと。

上記はせどりのメリットでもありデメリットでもあります。

誰でもできるので再現性は高いです。

ですが、誰にでもできることによってライバルが増えて自分の首を締めることになります。

ここで自分しか仕入れができないルートを持っていればどうでしょうか?

または、特定のメンバーだけが仕入れできる環境があれば。

物販の仕入れルートの強み

・独占販売できる

・仕入れ値が安い

物販での仕入れルートの強みは上記の2つがあります。

まずは、自分しか仕入れできないのでライバルがいない。

よって独占販売により利益が生まれる。

ですがこれは現実的には難しいです。

その商品を引っ張る力が必要になります。

ですが、2つ目の仕入れ値に関しては可能です。

僕は現在とあるビジネスのコンサルコミュニティに入ったのですが、なかなか良い仕入れをさせてくれます。

軽くだけ言うとTシャツが200円で仕入れできたり、ビデオデッキが600円で仕入れができます。

これは中古商品ですが、どう転んでも利益が出ます。

この前仕入れたビデオデッキは600円の仕入れで5000円で売れました。

超絶利益です。

そして本日新品と中古のアパレルの仕入れもします。

これも仕入れ値が安いのでまず負けないと思います。

確実に利益を出していけそうです。

この僕の物販実践記はまた別の記事で更新していきますね。

僕は完全にこの仕入れルートで利益を出しています。

売り方もライバルと差別化して販売するようにはしていますが、そもそも他の人が狙ってこないところで仕入れ値も安いので勝ちゲームができています。

っと、今更ですがアイコス転売を始めたのでその実践記も書いていきますね!

もう利益が出ないと思われているアイコス転売が裏技を使うと利益になります!

そのような裏技的な手法も今回入ったコンサルティングコミュニティでは共有してもらっています。

物販塾の選び方

物販塾やせどりの塾は結構入りましたが当たりはなかったです。

と言うのもせどり自体が厳しくなっているので、その手法を教えてもらったところで稼ぎにくいのが現状です。

ですので僕が塾やコンサルティングで重要視するところは仕入れルートを紹介してくれるかです。

せどりや物販塾の見極めるポイント

・仕入れルートを共有

これはコンサルをしている人たちにはリスクでしかありません。

だから公開してくれる人はかなりの実力者です。

現在の状態で物販で稼げためにはここのルートがないと厳しいです。

僕の場合、たまたま物販に強い人が紹介してくれたのでそのコンサルティングコミュニティを知ることができ入ることができました。

ここは仕入れルートを完全に使わしてくれるのでコンサルをしている人たちと同じ結果を出すことができます。

あとは副業の僕がどれだけ頑張れるかです。

ですが、今までみたいにリサーチしなくて良いので超楽です。

5万円仕入れしたいといえば5万円分の商品が仕入れできます。

あとは売るだけ。

やっぱりこれが最強です。

ですので、せどりや物販の塾やコンサルティングを受ける方は仕入れルートの共有ががポイントになります。

物販のその後の未来

物販は物の売買です。

ですので絶対今後も無くなることはないです。

埋まりこれを極めれば食べていけなくなることはないです。

一生食いっぱぐれることはないスキルが身につくことは将来的にもかなりプラスになります。

規模を大きくして組織化してもいいですし、物販の資金を元手に別のビジネスを展開してもいいです。

物販ができるようになると将来の選択肢が増えるのでコツコツですが、かなり良い収益源になります。

僕が現在も物販を行なっている理由はここあります。

手堅く資金を増やすことができる最高の手段と思っています。

関連記事

今更やり尽くされたアイコスという電子タバコ転売を始めて稼いでみます。

終わったと思われているアイコス転売を一工夫すると利益になります。その経過を記載しています。

副業でメルカリとラクマで、高利益率アパレル転売始めました!

メルカリ転売の威力を知ってメルカリ転売で月収100万円を目指してスタートしました。

せどりや物販の情報・投資などの情報はラインにて発信しています。

Add friend